Dボード工法

HOME > Dボード工法

Dボード工法とは

Dボード工法は、3M™ 特約店・施工業者の工場で
ダイノック™ フィルムを不燃板(推奨基材:ケイ酸カルシウム板)に
ラミネート加工(四方巻込貼り)をした後、
壁面に接着剤と両面テープで取り付けるパネル工法です。

高品質かつ工期短縮が可能です。
表面の仕上りは美しく豊富な種類のフィルムの中から
ご希望のものをお選び頂けるので、
様々な空間をダイナミックに、独創的に演出できます。
詳しくはを参照ください。
http://www.mmm.co.jp/cmd/dinoc/product/d_board/
(3M™ のホームページへのリンクです。)

Dボード工法はフィルムを直貼り施工するより
十字目地をシャープなエッジで表現できます。

Dボード工法サンプル

Dボードの大きさは幅が最大1150mmまで長さは標準的には2700oまでの中で好きな大きさに指定できます。

複雑なデザインにも対応することが可能で、パネルは工場で作成するので、工期も短縮できます。

工場での作成で常に安定した品質で仕上がりますし、採寸したパネルを貼るだけなので、廃材も少なく、環境にも配慮した施工が可能です。



3M(TM)ダイノック(TM) フィルム Dボード工法 PDF



3M™ダイノック™ フィルム Dボード工法のカタログが、PDFファイルでご覧いただけます。